看護師に多い仕事のストレス要因

仕事を続けられないと言う状況に陥ってしまう人にとって、最も多い原因はストレスです。要因となっているのは人によって大きく異なるため、良く追求して解決しなければならないでしょう。
看護師の場合に最も多い事例とされているのが、スキル不足です。看護スキルと広く言ってしまうと難しい面もありますが、個々の技術レベルだけでなく、経験の有無や知識の不足が原因である場合もあります。そのような能力不足が原因となってヒヤリハットの経験をしてしまったり、患者から苦情を告げられたりしてしまう事が原因となりやすいのです。自分のスキル不足だからこそ苛立ちや不安のやり場がなくなってしまい、抱えてこんでしまう事が良くあります。それが積み重なっていく事で仕事を辞めると言う決断をする事になる看護師もいるのが実情であり、積極的に自分から解決を目指していく事が、看護師であり続けるためには欠かせません。
ストレスの原因がスキル不足であるのが明らかである場合は、少しでも自分の能力を磨いていく意識を持つ事がスタート地点です。そして、スキルアップのために余念なく取り組んでいくと自然にストレスが軽減されていくでしょう。日々の仕事に工夫を重ね、他の看護師に目を向けてスキルを盗むのは最も単純な発想です。それに加えて研修やセミナーを利用して、知識もスキルも充実させていく事が効果的でしょう。この場合のストレスは、小さな努力の積み重ねで解決できる問題だと言う認識をして、看護師として前向きに取り組む事が大切です。